本文へスキップ

Nature Conservation Group of Ujiie

皆様のおかげで16年目を迎えます。

ようこそ、うじいえ自然に親しむ会のホームページへ。

うじいえ自然に親しむ会は、平成15年(2003)5月25日に発足以来、自然観察会等を通して自然への興味・関心を高めるとともに、さくら市指定(注)の天然記念物「シルピアシジミ」の保全活動を行っております。
シルビアシジミは、栃木県では、ここ鬼怒川でしか生息していません。
さくら市では、このシルビアシジミの採集を禁止するだけでなく、生息環境の保全にも努力しています。
皆様のご協力をお願いいたします。
私たちの会の行事は、会員でなくても自由に参加できますので、「行事予定」のページを参考に、気軽に参加してみて下さい。お待ちしております。(行事の内容によっては保険料が必要な場合があります。)

会員数は平成29年(2017)5月7日現在190名で、保全活動をはじめとして自然観察会等の活動を行っています。

     うじいえ自然に親しむ会 会長 加藤 啓三 


(注)栃木県は平成25年10月4日 鬼怒川中流域(宇都宮市~さくら市)を県条例にに基づく「自然環境保全地域」に指定し、その上で当該地域を開発規制が最も厳しい
特別地区として、県内初の野生動物保護区にも指定した上で、保護すべき動植物の捕獲や採取を禁止することとなりました。
対象となる動植物はシルビアシジミ、ミヤマシジミ、ツマグロキチョウ、オキナグサ、ミヤコグサ、カワラノギクなどを含む
別紙17種類の動植物です。

条例に違反して、これらを捕獲・採取した場合は6か月以下の懲役、または罰金50万円以下の罰則が科せられますので。ご注意下さい。

informationお知らせ

  • お知らせ  

     
  • 2018年8月10日  8/18日の「トンボの観察会」の会場が、氏家公民館の第2研修室(2F)に変更となりました。       
  • 2018年8月7日  新着情報を更新しました。
  • 2018年7月21日  No.21に6/18日の「教育研究会理科部会研修」の内容を追加しました。       
  • 2018年7月21日 11:22 明日(7/22日)の「夏休みの昆虫観察会と標本作り」・7/29日の「植物標本作り」の2つの行事は、暑さのため中止となりました。(教育委員会の指導による)
  • 2018年7月14日 秋の植物観察会の案内ポスターはこちらから。      
  • 2018年7月5日  きぬ川氏家新聞(6・7月号)を掲載しました。
  • 2018年6月28日  去る5月30日に加藤会長が「河川功労者」として表彰されましたが、その内容が下野新聞6月28付に掲載されました。
  • 2018年5月24日  ホームページをリニューアルしました。

 うじいえ自然に親しむ会事務局うじいえ自然に親しむ会

 〒329-1311
 栃木県さくら市氏家1297番地
 さくら市ミュージアム
      ー荒井寛方記念館 内-